統一マダン生野について②

2016年6月5日(日)12:00~ 巽公園(生野区巽西)

第23回 統一マダン生野が開催されます。

今年は巽公園(ロート公園)に会場が変わります。

民族はひとつ、祖国はひとつ、同胞はひとつ

朝鮮半島の自主的平和統一をめざして

朝鮮半島の停戦協定を一日も早く平和協定に転換しよう!

在日同胞社会から統一の風を吹き込もう!

というスローガンの下、今年も開催されます。

 

留学同大阪では、学生協とともに、学生委員会として、

日本軍「慰安婦」問題に関する展示を行います。

日本軍「慰安婦」とはどういったものなのか?何が問題なのか?という問題から、

特に昨年末の日韓「合意」の問題点について焦点をあて、展示します。

 

被害者の声に耳を傾けないままなされた「合意」

行動のともなわない口だけの謝罪

被害回復措置を韓国政府に推しつけたこと

 真相究明や歴史教育など、再発防止措置にふれていないこと

被害回復の困難な重大な人権侵害に対し、「最終的・不可逆的解説」を宣言したこと

など、
問題だらけの「合意」である点を、しっかりと学び、表現できればと思います。

 

まず何より自分たちが学び、被害者の声に耳を傾け、日本軍「慰安婦」の問題を矮小化し歴史から消そうとする日本政府・権力の歴史修正主義に反対し、真実を明らかにし、正義を実現する活動を行っていかなければなりません。

この行事で終わるのではなく、これからも継続して学び実践していきます。

f:id:rhtosaka:20160601112809j:plain