留学同大阪ブログ

在日朝鮮人大学生・専門学校生の団体です。在日コリアン学生、歴史、文化、教養

朝鮮学校無償化裁判の意義と今後の課題② 裁判で問われるべき本質的事項

前回の続き

朝鮮学校無償化裁判について

(11月21日、朝鮮統一支持 全国集会 講演会を参考に)

 

今回は、裁判で問われるべき本質的事項についてまとめたいと思います。

前回、高校無償化法の趣旨、またそれに沿った審査基準について強調しました。

 

「すべての意志ある若者が教育を受けられるよう」

「高等教育等における教育に係る経済的負担の軽減」

外国人学校の指定については、外交上の配慮などにより判断すべきものではなく、教育上の観点から客観的に判断すべき」

 

これが、無償化法適用における大原則です。

結果、前回も書いたように、政治外交上の理由によって朝鮮学校を排除し、一部の意志ある若者を排除し、高等教育などにおける教育に係る経済的負担を強いたわけです。

 

日本政府は、自己破綻した論理で、笑えるくらい露骨な屁理屈で朝鮮学校を排除し、裁判所はそれを追認したということが現実なのです。

 

しかし、本来日本政府が問われるべきこと、歴史的政治的問題として、朝鮮学校在日朝鮮人の問題を考える際に本質的に問われるべきことについて、11月21日の講演を手がかりに書きます。

 

 

高校無償化裁判で問われるべき本質的事項

 

加害の歴史に向き合うことにより、人間の尊厳や本質的平等という普遍的かつ最高の価値が明らかとなる。

また、在日朝鮮人の人権状況は、日本国家・社会の戦前の植民地支配と戦後の冷戦構造を利用した植民地主義政策の反映であり、「人間の尊厳の尊重確保と本質的平等」の現状、朝鮮半島の分断と固定の現状、恒久平和の実像を映し出す鏡である。

 

という姿勢のもと、

 

本質的事項の第一として

朝鮮学園が運営する朝鮮学校とそこで学ぶ子どもたちの存在は、日本国家による朝鮮半島全域への植民地支配という歴史的経緯を有し、朝鮮半島にルーツを持つ歴史的存在である。

 

本質的事項の第二として

本件訴訟は、朝鮮学校で学ぶ子どもたちの教育への権利に関わる裁判である。

つまり、民族教育の権利、普遍的人権の問題である。

 

本質的事項の第三として

高校無償化法の立法趣旨は「高等学校などにおける教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与すること」への認識

そして、法の構造(法ー省令ー規程による委任の範囲)に関する理解 の問題である。

 

本質的事項の第四として

第二次安倍政権が成立した前後において、同政権が朝鮮学校とそこで学ぶ生徒に対して、高校無償化制度から排除する意図をもって不指定処分に至ったということ。

 

本質的事項の第五として

本件処分によって、具体的な権利が侵害されたということ。

朝鮮学校で学ぶ子どもたちの等しく教育を受ける権利が侵害されたという事実。

母国語での普通教育と民族的・文化的アイデンティティをはぐくむ教育実践が侵害され、他の教育施設との差別が生起され、人種的憎悪による差別言動の誘因となった。

 

 

総じて、本処分は、歴史的・構造的な差別と植民地主義政策である。

朝鮮学校無償化裁判の意義と今後の課題① 高校無償化からの朝鮮学校除外の経緯

アンニョンハシムニカ!

 

2020年11月21日、大阪にて「朝鮮統一支持 第38回全国集会」が行われました

そこで行われた講演の内容について、数度にわたり書きたいと思います。

 

(1)「朝鮮学校無償化裁判の意義と今後の課題」

(2)「朝鮮半島の南北をめぐる認識について」

(3)「朝鮮半島の非核・平和・統一の実現と朝日国交正常化について」

 

と、それぞれ濃い講演が行われました。

 

まずは、(1)「朝鮮学校無償化裁判の意義と今後の課題」について、整理します。

今回は、

①高校無償化裁判の現状、高校無償化法の構造と不指定の経緯について

 

 

高校無償化裁判の現状

 

東京裁判(国賠訴訟):地裁、高裁、最高裁、いずれも敗訴判決

愛知裁判(国賠訴訟):地裁、高裁、最高裁、いずれも敗訴判決

大阪裁判(行政訴訟、国賠訴訟):地裁全面勝訴、高裁、最高裁、いずれも敗訴判決

広島裁判(行政訴訟、国賠訴訟):地裁、高裁敗訴判決、現在最高裁へ上告中

福岡訴訟(国賠訴訟):地裁、高裁敗訴判決、現在最高裁へ上告中

 

 

地裁、高裁判決の10個の判決のうち、原告(朝鮮学園)が勝訴したのは、大阪地裁判決のみであった。 特に大阪地裁判決は、原告側の主張を全面的に認めた判決であり、その内容は画期的であったといえる。

 

大阪地裁判決について、

また大阪高裁判決をはじめとしたその他の判決については、別の記事で整理したいと思います。

 

 

高校無償化法施行に至る経緯

 

2010年1月、当時の民主党政権鳩山由紀夫 元首相の談

「すべての意志ある若者が教育を受けられるよう、高校の実質的無償化を開始します。国際人権規約における高等教育の段階的な無償化条項についても、その留保撤回を具体的な目標とし、教育の格差をなくすための検討を進めます。」

 

高校無償化法案が表にでた際は、法律の趣旨からも外国人学校にも適用され、朝鮮学校もその対象となることは容易に予見された。

 

しかし、その後、

2010年2月21日、中井拉致問題担当大臣が、拉致問題を理由に朝鮮学校を無償化の対象から外すことを川端文科大臣に要請。

2010年2月23日、産経新聞朝鮮学校無償化排除へ知恵を絞れ」(主張)

2010年3月12日、橋下徹大阪府知事の「北朝鮮は不法国家」などを発言

 

初期の段階から、朝鮮学校を除外する動きが現れる。

 

 

高校無償化法の趣旨・構造と不指定の経緯

 

同法の目的は、

「高等学校などにおける教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与すること」(第1条)

とあり、戦後初めて各種学校に位置付けられていた外国人学校に通う生徒にも、日本国家が平等に支援金を支給するという制度であった。

 

そして、2010年5月26日に「高等学校等就学支援金の支給に関する検討会議」を設置し、同年8月30日、「高等学校の課程に類する過程を置く外国人学校の指定に関する基準等について」という報告において、

 

外国人学校の指定については、外交上の配慮などにより判断するものではなく、教育上の観点から客観的に判断すべきである」ということが法案審議の過程で明らかにされた政府の統一的見解であった。

 

 

にもかかわらず、

2010年11月に朝鮮半島で発生した延坪島の砲撃事件に関連して、日本政府は朝鮮学校への審査手続きを停止。

その後、2011年8月29日、菅元首相によって審査停止の解除がなされたが、審査結果が出ない状態が続いた。

 

 

その後、2012年12月26日、第二次安倍内閣が発足し、

そのわずか二日後の12月28日、下村博文文科大臣(当時)は、記者会見において、朝鮮学校については拉致問題に進展がないこと、朝鮮総聯と密接な関係にあり、教育内容、人事、財政にその影響が及んでいることなどから、現時点での指定には国民の理解が得られない」として、朝鮮学校が適用される根拠となる、省令(ハ)削除のパブコメを始めた。

 

そして、2013年2月20日、下村文科大臣は、朝鮮学校に対して、「(ハ)規定を削除したこと及び規程第13条に適合すると認めるに至らなかった」との理由によって不指定処分を行った。

 

 

それに対して、朝鮮学園側は各地において裁判を起こしたという経緯です。

 

次回は、経緯をもとに、高校無償化崔弁で問われるべき本質的事項について、書きたいと思います。

朝鮮学校高校無償化裁判 福岡高裁判決について

アンニョンハシムニカ!

 

高校無償化裁判について書きます。

だいぶ以前、大阪、東京の判決が出た際にも書きました。

 

高校「無償化」裁判についての学習会 ~広島、大阪、東京の判決の比較~① - 留学同大阪ブログ

 

朝鮮学校高校「無償化」裁判についての学習会 ~広島、大阪、東京の判決の比較~② - 留学同大阪ブログ

 

 

今回、2020年10月30日の判決が福岡高裁で出て、その報告集会で述べられたことについて、プラス雑感についてまとめます。

 

 

またまた、結論ありきの屁理屈判決  破廉恥な司法

 

「権力におもねるだけのみっともない判決」

「人権の砦としての役割を放棄した」

「こんな明らかな差別を裁判所が追認」

「国家権力にべったりの結論ありきの判決」

朝鮮学校のことを知ろうともせずに、よくこんな判決が書けるな」

 

ここでも、「不当な支配」論によって、朝鮮総聯と一定の関係があるため不指定は違法ではないという判断。

 

朝鮮総聯と関係があるからダメ。しかし、なぜそれがダメかは言わない。

その際に、どういったことが「不当な支配」にあたるのかは検討されず、福岡高裁は一足飛びで判断した。

 

問題の本質であるはずの、「ハ条項の削除理由」についても判断せず、「政治外交的目的」かどうかについても検討なしに政府の言うことをそのまま追認。

 

他の判例にみることのできないくらい、結論ありきの幼稚な判決であったということが言及されました。

 

 

 

国家権力による介入・支配を司法が追認

 

「不当な支配」を許さないという条項は、もともと国家権力による介入を制限するための条項。

しかし、今回、国家による一方的な解釈によって市民社会へのコントロールを認めてしまった。司法がそれにお墨付きを与えたということにさらなる問題点があるといえます。

 

より大きな意味でも、司法の役割を放棄し、司法が大きな権力の下僕であることをさらけだしました。

 

原告側は、裁判所に対して、朝鮮学校の現実を知ってもらうための検証をずっと要請し続けたにもかかわらず、裁判所は全て却下した。

公権力による「北朝鮮悪魔論」に司法ものっかって、朝鮮学校のことを知ろうともしない、学ぼうとも調べようともしない裁判官の姿勢がはっきりしました。

 

朝鮮人だから排除しても大丈夫と裁判官が感じる社会を作ってしまった。」

という弁護士の言葉が印象的でした。日本社会の思想的退廃、敗北。 司法が平気でヘイト判決を出せる社会。

 

 

問われるのは運動側

 

今回の判決、資本の下僕、政府の下僕としての司法の醜態が明らかになりました。

それは、大阪、東京、愛知、広島の判決でも同様です(唯一、大阪地裁を除いて)。

 

破廉恥な権力者の姿。それにおもねって資本の下僕としてしかふるまえない人たちの姿。その人たちが発する自己保身の匂いで充満し醜く崩壊した「論理」。

 

 

運動として、これをどのようにとらえ、どのように実践するかが問われていると思います。 同化させられずに、そりこまれないよう。

 

この日本の司法の醜態から、自分たちの姿・思想を改めて点検しなおすこと。

 

改めて学ぶことが求められていると思います。

朝鮮人強制連行調査の記録 大阪編⑥ 大阪大空襲の朝鮮人犠牲者

f:id:rhtosaka:20201029162328j:plain

 

1945年の大阪空襲。

そこには多くの朝鮮人犠牲者がいました。

しかし、その実体があまりにも不明なままにされています。

これは、大阪だけでなく、全国に共通する問題だと思います。

 

在日朝鮮人が、どのようにして日本へ渡ってきて、どこで、なぜその場にいて、どのような仕事をして、どのように亡くなったのか、

 

人間の生きた痕跡が闇に葬られたままにされています。

まして、空襲当時は、強制連行、強制労働により大量の朝鮮人が国内外の過酷な労働現場に連行されていた時期です。

 

 

日本による植民地支配に起因して、日本にわたって来ざるをえなかった人たち。1930年代以降、日本の侵略戦争に端を発する戦時動員、強制連行により日本の地に連れてこられた人たち。

 

日本の軍事産業・工場や軍事施設建設に従事させられた朝鮮人は少なくありません。

人口との比較でも高比率であったことが推測されます。

原爆の被害者の比率も朝鮮人が高いということはよく言われるところです。

 

それだけ、日本の戦争遂行のための軍事工場、施設に連行、動員され強制労働を強いられた朝鮮人が多かったということでもあります。

 

大阪も例外ではないはずです。

しかし、資料の不足(日本の国家や企業の積極的な抹消による)、また被害者として名前があったとしても日本名での記録(日本による創氏改名=民族抹殺政策による)の問題など、可視化・歴史化されていない状態にあります。

 

冒頭の写真は、そのような現状で空襲での朝鮮人犠牲者を追悼し真相を究明する活動を行うために企画準備された集会用の資料です。

(社会情勢をかんがみて延期となりました。)

 

空襲での死者の約一割は朝鮮人であったと推測されるとありますが、筆者はより高い比率であったと推測しています。

 

「連行された朝鮮人が主に軍需工場で部落を形成していたことを考慮すれば、東京大空襲での朝鮮人被害は日本人よりも高率と見るのが妥当であろう。」

(資料内の論文 梁大隆「東京大空襲74年、朝鮮人犠牲者はなぜ、そこに、いたのか」)

 

戦時期に、朝鮮人を苛酷な労働に従事させていたことは周知のとおりであるが、危険な労働環境とともに、空襲が始まると、より攻撃を受けやすいという意味で危険な現場に朝鮮人を配置していた、または空襲を回避する術から遠ざけるということは容易に推測される。 実際に防空壕に入ることを拒否されたという事例もある。

 

 

同資料中の、中村一成さんの文章には、空襲で亡くなった柳大根氏の例が紹介されているが、1943年に平壌から甘言・詐欺によって連行され、「最初から『囚人』扱いであった」とある。

中村一成「オモニ、ぼくを助けてください 平壌出身の『徴用工』、柳大根の想いを背負って」)

 

 

また、同資料中、樋口雄一さんの論文「在日朝鮮人戦災者239320人」では、在日朝鮮人の犠牲についてあまりにその実態が明らかにされていないことを指摘している。

 

「これだけ大きな犠牲を在日朝鮮人に強要したにもかかわらずあまりにもその実体が知られていないことに気付いた」

在日朝鮮人戦災者数といってもその実体は不明の部分が多く、ほとんど判っていないといってもよい。」

在日朝鮮人戦災者の全国状況や、在日朝鮮人戦災者達が何を日本人に問いかけているかということについては独自な研究と議論が必要であるようにおもう。」

 

 

資料に目を通しながら、昨年2019年に参加した沖縄でのシンポジウムでの学びを思い返しました。

留学同情勢ニュースブログ 『日帝強制動員犠牲者遺骸に関する国際シンポジウム』参加記

 

自分たちが絶対に無かったことにしてはいけない歴史。

留学同大阪では、歴史を掘り返し、保存し、継承する活動をより積極的に関わっていきます。

 

是非とも、これからもご関心、ご協力、よろしくお願いいたします。

 

 

 

[http://

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

改訂 大阪大空襲 大阪が壊滅した日 [ 小山 仁示 ]
価格:3080円(税込、送料無料) (2020/10/29時点)

楽天で購入

 

:embed:cite]

朝鮮人強制連行調査の記録 大阪編⑤ 強制連行被害者の証言から 続

前回に続き、強制連行被害者の貴重な証言資料を整理します。

実態を想像し、不法・不当な犯罪行為の賠償・補償をさせるために。

 

 

労働現場での暴力

 

憲兵が見張っていて、熱かろうが寒かろうが早朝から一日12時間働かされ、病気になっても休めなかった。」

 

「私は福岡県大牟田市三井三池炭鉱に連れていかれ、毎朝『君が代』『皇国臣民の誓詞』の暗誦からはじまり、『皇国臣民』としての義務と使命についての洗脳教育を郡の監視下で強要された」

 

「印象として強く残っているのは、食事が大豆や大根のまぜご飯で、しかも量が少なく、とにかく腹がへってしかたがなかったことだ。守衛が番をしていたので、腹が減っても外に食べに出ることもできなかった。そんな毎日がしんぼうできず、逃げる人が月に一人はいたが、逃げて見つかって捕まった。そんなとき会社側の殴ること殴ること。私の隊では、殴られたため一か月ほど動けず仕事ができない人がいたが、あんな調子では殺された人もいたと思う。」

 

「私が働いていた沖の山炭鉱で、事故で死んだ人の話をよく聞いた。」

「あの島(崎戸島=「軍艦島」)から逃げようとしてリンチされた人、仕事中の事故で死んだ人、死んでも葬式すら出してもらえなかった朝鮮人がたくさんいた。あれだけ働くだけ働かせて」

 

「このようにつらい毎日でしたから、ここから逃げ出そうという人もいました。しかし、たとえ逃げても警察や日本人の監督に追いかけられ、つかまえられ、つれ戻されます。そして、みんなが見ている前で、死んでしまうほど殴りつけられました。気を失ってぐったりすると、体に火をあてて気づかせ、また殴りました。」

 

 

より苛酷な労働と民族差別

 

「夜明けから夕陽の暮れるまで仕事をさせられ、睡眠時間なんてほとんどなかった。」

朝鮮人は80パーセントが、つまり土方だけをやらされ(生玉公園地下壕)、それがすむと大阪砲兵工廠の疎開工場を作るために園部(京都府)のほうにみんな行かされた。」

 

「寮といってもまるで刑務所のようなものであり、一日12-14時間労働が強要されていたので、ただの寝床に過ぎなかった。 作業は坑道の石炭掘りだったが、安全設備などまったくなく、毎日のように落盤事故などで負傷者が続出したが、タンカで坑外にに運び出された彼らについては、ただ死んだとか不具になったとか噂されるだけで、その事実を確かめるすべもなかった。」

 

「私たち朝鮮人は、こんなにきびしく危険な仕事をしていましたが、お金は日本人の半分もくれませんでした。そのお金ですら『お金なんか何に使うんだ。帰国するまでは預かっておく』といって私に渡してくれないこともよくありました。」

 

[http://


 

:embed:cite]

 

 

故郷、家族との引き裂き

 

「私が連行されて釜山をたつとき、泣いて立っていた父母を見たときの気持ちは言葉にあらわせない。あれが最後の別れになってしまった。」

 

「私はその後(解放後)もそのまま日本にとどまった。数年前、何十年ぶりに故郷の土を踏んだが、連行前に結婚した妻の消息は不明。」

 

 

賃金未払い、詐欺、補償もせず

 

「働けど働けど、そんな賃金など一度ももらったことはない。」

 

「日本人は65歳になれば多少なりとも年金をもらえるが、われわれは何ももらえない。」

 

「ところがその後(解放後)、何の手当もくれず会社側から『お前らはもう用事がないからここから出ていけ』といわれたときには、手元に金がなかったのと会社側の無情な言葉に、ほんとうに情けないやら、悔しいやら、腹が立つやら、不安な気持ちと解放の喜びが入り交じって、とても複雑な気持ちだった。」

 

「放り出された悔しさは今も忘れることができない。思い出すと本当に腹が立って、今からでも裁判所に訴えたい思いでいっぱいだ。 また、そのそのときの仕事のことを思い出すと身震いするし、今でもたまに夢見ることがあるが、冷や汗でびっしょりになる。本当に忘れてしまいたい気持ちでいっぱいだ。」

 

「朝鮮から連れてこられた私を、無理やり働かせた土木建築会社は、今でも日本で有名な会社です。その会社も私が働いた給料を、払ってくれません。日本政府も、私に何の償いもしていません。悪かったというお詫びもありません。私は若いころ食べ物もなく、ひどい仕事をさせられ、口には言えないほどの辛い思いをしてきました。今でもあの時のことは、一日に一度は思い出します。」

 

 

ここで紹介できない、もっと多くの証言があります。

是非、証言の部分だけでもお読みください。

 

[http://


 

:embed:cite]