読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祖国統一事業に決起する大阪同胞青年学生連席会議①

今年度、留学同大阪では、祖国統一運動に格別な力を入れ、学習・実践をしていきます。

特に、朝青大阪とともに、年間を通して活発に活動を繰りひろげていきます。

4月22日(土)、その出発として、「祖国統一事業に決起する大阪同胞青年学生連席会議」という行事を行いました。

 

その中での講演の内容から。

「祖国統一運動における在日同胞青年学生の役割 ~韓国民衆に連帯する在日同胞の闘いを振り返りながら~」というタイトルで、韓統連青年学生育成委員長の金昌五先生に講演していただきました。

 

「在日同胞の運命と祖国の運命は深く結びついている」

というはじめの提起と

「私たちの人生が祖国の運命を左右する」

という結びが非常に印象的でした。

 

解放後の歴史から、1960年の4月革命(4・19革命)、光州民衆抗争、汎民族大会、6・15~10・4と、韓国の歴史とその中での在日朝鮮人運動のつながり、役割について話していただきました。

 

南の民衆と連帯する在日同胞の闘いの歴史には、4月革命以降の在日同胞の運動、朴正熙軍事独裁に反対する闘争、光州民衆抗争に連帯しその精神を継承する運動と、常に祖国の運動・状況と連関を持って闘ってきた歴史があり、南北首脳会談と6・15宣言、10・4宣言もそうした闘いの中で勝ち取ったものである。そういった話を、自身の経験にそくして話され、非常に論理的かつ情熱的な講演でした。

 

特に、自分たちが生きていない1970年代の朴正熙時代、南の運動と連動し韓国政治に大きな影響を与えた韓青、韓民統の運動。「反米連北」、自主・民主・統一への道へ進む教訓となった1980年の光州民衆抗争の経験と意義など、観念的な理論ではなく、具体的な事実と運動の成果にそくしながら、「在日同胞は祖国統一の確固たる主体」であるということを話され、これから運動を繰り広げていくうえで、力をもらう熱く熱い講演でした。

 

ほとんど実行されていない10・4宣言を具体的に実践していくことがこれからの朝鮮半島の近い未来であるという明るい展望も示され、自分たちがその担い手としてあらなければならないという想いを強くしました。

(黄貴勲)