読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和歌山朝鮮初中級学校 納涼大会

地元、北大阪に続いては、

7月30日(土)、

和歌山朝鮮初中級学校の納涼大会に行ってきました。

 

和歌山観光も兼ねて、昼には美味しい海の幸を食べ、

夜はハッキョグルメを堪能しました。

 

校門に立った瞬間に感じた、アットホームで温かい雰囲気。

これぞウリハッキョという空気に泣きそうになりました。

「화목한 동포사회」(仲むつまじい同胞社会)とはまさにこのことでしょう。

同胞数の少なく広範囲に離れて住む地域でハッキョを中心にこれだけのコミュニティがあることは凄まじいことだと思います。

 

小さな子どもたちの姿が特に印象的で、その子がどこの誰の子か、みんなが知っていて、大事に見守り、子どもたちも安心してノビノビと過ごしているように感じ、学校を中心にしたコミュニティの強さを感じました。

また、朝高生や朝大生がほんとに主体的に手伝い、役割を果たす姿も印象的でした。

(どこのハッキョでもそうですが、特にそれがめちゃくちゃ強いと感じました。)

温かい空間で育った子どもが、大きくなって自分の学校や地域コミュニティのためにイキイキと働く。

それこそ、教育の力といえるのではないでしょうか。

 

みんなが親戚のように知り合いの空間で、大阪から参加した一同は、

「誰だあれは?」という視線も少し感じながら、美味しく飲み食いさせていただき、

 

なんと、北大阪に続き、またまた抽選にて特賞の商品券を当ててしまいました!

(空気清浄機は留学同大阪事務所にて大事に使わせていただいておりますが、商品券は和歌山ハッキョのために使わせていただこうと思います。)

 

これからも和歌山朝鮮初中級学校に足を運び、ハッキョのためになることも重ね、
留学同大阪にとって、和歌山ハッキョもホームになるように、活動していきたく思います。

(留学同大阪の管轄範囲は、大阪・奈良・和歌山です)

(黄貴勲)

f:id:rhtosaka:20160801174538j:plain