朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪 講演会

6月11日(土)、東成区民センターにて行われた講演会。

非常に勉強になり、今何が問題かを理解するための助けになりました。

 

田中宏先生の講演

1963年に、1000円札が伊藤博文になった時のご自身の「原点」の話から、

憲法の恣意的な「国民」(もとの英語はpeopleだった)という表現をはじめ、日本が戦後もどのように朝鮮人を排除していたかという観点で、現在の朝鮮学校への政治弾圧までを話していただきました。

 

②伊地知紀子先生の講演

大阪府下の朝鮮学校保護者へのアンケート調査について。

高校無償化制度からの排除、補助金の不支給が、保護者にどれほどの経済的負担を強いているか。

また、なぜ子どもを朝鮮学校に通わせるのかという点、学校に対する評価、

日本学校では朝鮮人としてのアイデンティティを形成することができない、本名を名乗ることができない、という点を、わかりやすく、データに基づいて話されました。

 

補助金裁判の報告

大阪府大阪市による補助金交付要綱の改訂自体が、朝鮮学校を外すことを意図した違法行為であり、

仮に改訂された要綱に照らし合わせたとしても、迎春公演(ソルマジ)への参加を理由に不交付決定をしたことが違法であるということが話されました。

 

④無償化裁判報告

法律を朝鮮学校に適用させないように恣意的に変更し、

それをごまかし、朝鮮総連朝鮮民主主義人民共和国との特殊な関係や「不当な支配」を云々して適用除外にしたこと。

それが、憲法、行政手続法、国際人権法に違反するということが話されました。

 

全体として、政治的外交的理由で朝鮮学校を排除し潰そうという、日本政府・地方権力の汚いやり方がはっきりと見え、

それを恥も知らず堂々と「法律」化し、適法を主張するやり口に再度怒りを覚えました。

 

集会の締めでも述べられたように、そのような歴史修正主義権力の横暴を許さず、朝鮮学校に対する政治弾圧に抵抗していかなければならないと改めて決意しました。