読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統一マダン生野 当日

6月5日(日)、大阪市生野区の巽公園にて、

第23回統一マダン生野が開催されました。

毎年の新今里公園から、さらに広い公園に場所を移しての開催。

さらに、当日午前中かなりの雨の中の準備。

それでも、午後からは晴れて無事終えることができました。

 

有志によるサムルノリや地域の小学校民族学級の子どもたちの演目、朝鮮学校の中級部の民族楽器部の演奏、文芸同の舞踊、建国高校伝統芸術部OBOGたちのプンムルノリにプラス、済州島の民衆歌手、金ヨンテさんの歌など、盛りだくさんの舞台企画でした。

 

留学同は、学生協とともに、日本軍「慰安婦」問題についての展示企画を準備しました。

「統一」について考えるきっかけとなるよう、またその輪を広げるために行われる統一マダン。参加するたびに、またそうした場を作ってきた・作っている人たちと時間をともにするたびに、自分たちの活動の意味を考える重要な契機となっています。

 

自分たちは本気で「統一」について考えているのか。自分自身の生活の中で考え感じられているのだろうか。

そんなことを改めて思った一日でした。

 

打ち上げの場にて、金ヨンテさんがおっしゃった、

「私たち民族同士、力を合わせて、自主的平和統一を成し遂げるため、ウリナラから米国・米軍を追い出しましょう!」(訳は筆者) という言葉が印象的でした。

f:id:rhtosaka:20160608163015j:plain

f:id:rhtosaka:20160608163028j:plain

f:id:rhtosaka:20160608163038j:plain