専攻別発表会について

久しぶりの更新です。

今日は、留学同大阪名物、『専攻別発表会』についてです。

専攻別発表会では、各学生が、自分の学ぶ専門分野についてや、興味をもって調べた分野について、互いに発表しあう、年に数回行う、恒例行事です。

「いくら深く濃く学んでいても、それを素人の人にわかるように伝えることができなければ、そんな研究は全くの無意味である。」

という趣旨のもと、数年前に始めました。

そして、今年度の第一回目を、4月24日(日)に行いました。

今回発表されたテーマは、

 

①「いじめのメカニズム」(心理学から)

②「美容師の仕事とは?」

③「『モノ』の見方」(芸術を見る目)

④「アンドロイドは電気羊の夢を見るのか?」(主に人工知能について)

⑤「朝鮮学校高校無償化裁判・補助金裁判について」

 

の五つでした。

今回は新入生に分かるよう、新入生に向けたプレゼンが繰り広げられ、質疑応答も活発に行われました。

 

資格やら、就職に有利やら、そんなちっぽけなモチベーションで学ぶのではなく

「教養」を身につけるためにも、自分の専門分野以外を学ぶということは非常に貴重な機会だと思います。

「学際」という言葉もあるように、学生団体の強みを生かして、これからのドンドン学びの場を作っていこうと思います。