【ウリ民族フォーラム2016 IN OSAKA】

明後日、9月11日(日)に

大阪朝鮮高級学校にて、

【ウリ民族フォーラム2016 IN OSAKA】

 

「1万人の大祝典」という大きな目標をかかげて、準備してきました。

第一部 フォーラム(10:00開演)

第二部 大祝典(総合文化公演、特別ステージ、大野遊会)

という内容はもちろんですが、同胞がこれだけ多く集まる場の大切さを今一度確認していただければと思います。

 

朝鮮学校や同胞コミュニティに近い所で育った人にとっては、それほど特別に感じないかもしれませんが、そうした場を経験したことのない人にとっては、これだけの同胞が集まっている姿を見るだけで驚愕し感動するはずです。

 

自分の家族と親族以外の同胞が存在するということも知らなかったという同胞が、留学同で出会った同胞学生の中にも多くいます。

朝鮮学校の存在をほとんど知らなかったという学生もいます。

 

行事を宣伝していると、「またそんなんするんか」「何の意味があるんや」という声がありました。

しかし、こんな場は、全ての朝鮮人が自分の存在を否定せず確認するために、朝鮮人として生きていく力を得るために絶対に必要なのです。

朝鮮人であることで、孤独感と無力感を感じて生きてきた同胞が、こんなに同胞がいるのかということを直接自分の目で確認するだけで、どれほど力を得ることでしょうか。

 

もちろん、集まって何もせず終わってはいけないですが、まず何よりも人が集まることから始まると思います。参加するだけでも、参加することにまず第一の意味があります。

 

守勢から攻勢へという意味の「ターンオーバー」というキーワードで、在日朝鮮人運動に対する提言をされる第一部フォーラムから、総合文化公演、特別ステージ、食いだおれ食堂、キッズパーク、キャラクターショー、福祉・休憩コーナーなど、

誰が来ても学べる、楽しめる場になっていると思います。

是非とも、日曜日は、大阪朝高にてお会いしましょう。

(黄貴勲)

f:id:rhtosaka:20160909200056j:plain

f:id:rhtosaka:20160909200103j:plain

和歌山朝鮮初中級学校 納涼大会

地元、北大阪に続いては、

7月30日(土)、

和歌山朝鮮初中級学校の納涼大会に行ってきました。

 

和歌山観光も兼ねて、昼には美味しい海の幸を食べ、

夜はハッキョグルメを堪能しました。

 

校門に立った瞬間に感じた、アットホームで温かい雰囲気。

これぞウリハッキョという空気に泣きそうになりました。

「화목한 동포사회」(仲むつまじい同胞社会)とはまさにこのことでしょう。

同胞数の少なく広範囲に離れて住む地域でハッキョを中心にこれだけのコミュニティがあることは凄まじいことだと思います。

 

小さな子どもたちの姿が特に印象的で、その子がどこの誰の子か、みんなが知っていて、大事に見守り、子どもたちも安心してノビノビと過ごしているように感じ、学校を中心にしたコミュニティの強さを感じました。

また、朝高生や朝大生がほんとに主体的に手伝い、役割を果たす姿も印象的でした。

(どこのハッキョでもそうですが、特にそれがめちゃくちゃ強いと感じました。)

温かい空間で育った子どもが、大きくなって自分の学校や地域コミュニティのためにイキイキと働く。

それこそ、教育の力といえるのではないでしょうか。

 

みんなが親戚のように知り合いの空間で、大阪から参加した一同は、

「誰だあれは?」という視線も少し感じながら、美味しく飲み食いさせていただき、

 

なんと、北大阪に続き、またまた抽選にて特賞の商品券を当ててしまいました!

(空気清浄機は留学同大阪事務所にて大事に使わせていただいておりますが、商品券は和歌山ハッキョのために使わせていただこうと思います。)

 

これからも和歌山朝鮮初中級学校に足を運び、ハッキョのためになることも重ね、
留学同大阪にとって、和歌山ハッキョもホームになるように、活動していきたく思います。

(留学同大阪の管轄範囲は、大阪・奈良・和歌山です)

(黄貴勲)

f:id:rhtosaka:20160801174538j:plain

北大阪朝鮮初中級学校 サマーフェスタ

少し前ですが、7月17日(日)、

大阪朝鮮初中級学校にて、

「北大阪サマーフェスタ2016」があり、留学同大阪としても参加してきました。

とはいっても、飲んで食べて楽しみに楽しませていただいただけですが。。

さらにさらに、留学同の学生が抽選の特賞を当て、その空気清浄機が留学同大阪の事務所の空気をきれいにしてくれていて、良いことばかりで。

 

留学同大阪は大阪市北区という、北大阪地域に事務所があるため、

ここ数年は北大阪ハッキョの行事に積極的に参加させていただいています。

 

何度参加しても、ウリハッキョを中心としたコミュニティの素晴らしさを確認する契機になります。

会場の準備、舞台、片付けから、学父母の方々の屋台で働く姿、惜しみのない賛助。

文字通り老若男女の地域の同胞たちが集まり、あれこれと語りあい、つながりあう場。

色々と文句が出たり、その場で言い合いになったりもあるでしょうが、それらも含めて、日本の学校、日本社会には無い、貴重な空間が存在すると思います。

なかなか言葉で表現することは難しいですが、あの場には、人間が人間であるための本当に重要な要素がつまってると思います。

 

しかし、それは当たり前に在るものではなく、同胞たちが創り、発展させ、今も支えているものであるということを肝に銘じなければと常々思います。

自分たちがその気を無くせばすぐにでも消えてなくなってしまうものであると。

日本の権力が今すぐにでもぶっ潰そうと策動している状況にあるということを。

 

ハッキョに足を踏み入れるたび、毎度感動するとともに、そんな緊張感を覚えます。

(黄貴勲)

f:id:rhtosaka:20160727175316j:plain

朝鮮高級学校無償化を求める連絡会・大阪 講演会

6月11日(土)、東成区民センターにて行われた講演会。

非常に勉強になり、今何が問題かを理解するための助けになりました。

 

田中宏先生の講演

1963年に、1000円札が伊藤博文になった時のご自身の「原点」の話から、

憲法の恣意的な「国民」(もとの英語はpeopleだった)という表現をはじめ、日本が戦後もどのように朝鮮人を排除していたかという観点で、現在の朝鮮学校への政治弾圧までを話していただきました。

 

②伊地知紀子先生の講演

大阪府下の朝鮮学校保護者へのアンケート調査について。

高校無償化制度からの排除、補助金の不支給が、保護者にどれほどの経済的負担を強いているか。

また、なぜ子どもを朝鮮学校に通わせるのかという点、学校に対する評価、

日本学校では朝鮮人としてのアイデンティティを形成することができない、本名を名乗ることができない、という点を、わかりやすく、データに基づいて話されました。

 

補助金裁判の報告

大阪府大阪市による補助金交付要綱の改訂自体が、朝鮮学校を外すことを意図した違法行為であり、

仮に改訂された要綱に照らし合わせたとしても、迎春公演(ソルマジ)への参加を理由に不交付決定をしたことが違法であるということが話されました。

 

④無償化裁判報告

法律を朝鮮学校に適用させないように恣意的に変更し、

それをごまかし、朝鮮総連朝鮮民主主義人民共和国との特殊な関係や「不当な支配」を云々して適用除外にしたこと。

それが、憲法、行政手続法、国際人権法に違反するということが話されました。

 

全体として、政治的外交的理由で朝鮮学校を排除し潰そうという、日本政府・地方権力の汚いやり方がはっきりと見え、

それを恥も知らず堂々と「法律」化し、適法を主張するやり口に再度怒りを覚えました。

 

集会の締めでも述べられたように、そのような歴史修正主義権力の横暴を許さず、朝鮮学校に対する政治弾圧に抵抗していかなければならないと改めて決意しました。

統一マダン生野 当日

6月5日(日)、大阪市生野区の巽公園にて、

第23回統一マダン生野が開催されました。

毎年の新今里公園から、さらに広い公園に場所を移しての開催。

さらに、当日午前中かなりの雨の中の準備。

それでも、午後からは晴れて無事終えることができました。

 

有志によるサムルノリや地域の小学校民族学級の子どもたちの演目、朝鮮学校の中級部の民族楽器部の演奏、文芸同の舞踊、建国高校伝統芸術部OBOGたちのプンムルノリにプラス、済州島の民衆歌手、金ヨンテさんの歌など、盛りだくさんの舞台企画でした。

 

留学同は、学生協とともに、日本軍「慰安婦」問題についての展示企画を準備しました。

「統一」について考えるきっかけとなるよう、またその輪を広げるために行われる統一マダン。参加するたびに、またそうした場を作ってきた・作っている人たちと時間をともにするたびに、自分たちの活動の意味を考える重要な契機となっています。

 

自分たちは本気で「統一」について考えているのか。自分自身の生活の中で考え感じられているのだろうか。

そんなことを改めて思った一日でした。

 

打ち上げの場にて、金ヨンテさんがおっしゃった、

「私たち民族同士、力を合わせて、自主的平和統一を成し遂げるため、ウリナラから米国・米軍を追い出しましょう!」(訳は筆者) という言葉が印象的でした。

f:id:rhtosaka:20160608163015j:plain

f:id:rhtosaka:20160608163028j:plain

f:id:rhtosaka:20160608163038j:plain